本文へスキップ

電通大技術士会は、会員相互の交流を図り、母校である電気通信大学の発展と技術士制度の普及および、会員の発展を目的に、平成25年11月22日に設立されました。
本会の会員は電気通信大学に在籍または卒業した技術士、技術士補および技術で社会貢献を目指している者、ならびに電気通信大学に在籍し本会の活動に賛同する者により構成されています。

TOPICS

2021年9月28日
活動の記録を更新しました。
2021年10月11日
会員コラムを更新しました。
2021年10月6日
会員限定コーナを更新しました。

2020年11月12日
新しいスタイルシート(CSS)でサイトを更新しました。
2020年2月4日
リンクに大学技術士会連絡協議会加盟校一覧を追加しました。
2019年7月21日
常時SSL化対応して 従来のhttpからhttpsに変更されました。
これにより暗号化通信を行うことで不正な覗き見などを防止する機能が付加されました。

会員コラム

「電通大の信用格付」          菅野 淳 (電通大技術士会 会長)

電通大の信用格付は「AA+」の安定的となっております。

【電通大からの報告】 事業法人としての格付け取得について:
電通大では、経営状況に対する客観的な評価を通じて、ステークホルダーの皆様に対する経営の
透明性を高めること等を目的として、格付を取得しました。

株式会社日本格付研究所(JCR)による格付の結果、学長のリーダーシップの下、教職員の合意形成を適切に進めながらスピード感のある施策を実施できる点、多様性、相互理解、イノベーションで表される「D.C.&I.戦略」に基づく、近年のさまざまな制度整備や施策展開の成果などが評価され、11段階中2番目の「AA+」を取得しました。

JCRによる格付事由は以下の5項目が示されています。
・国の研究大学強化促進事業に採択され、情報通信、AI、ロボティクス、光科学、脳科学などの分野の研究力に定評がある。
・自己収入を伸ばすことで一定の経常収益を確保し、教育・研究水準の維持、向上に努めている。
・学長のリーダーシップの下、教職員の合意形成を適切に進めながらスピード感のある施策を実施できる。
・科研費の採択金額や共同研究経費の受入金額が増加傾向にあるなど、一定程度の外部資金の獲得力が認められる。
・借入金はゼロであるなど、財務基盤は安定している。

バナースペース

電気通信大学技術士会

 〒182-8585
 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
 目黒会内