本文へスキップ

電気通信大学技術士会は電気通信大学の発展と技術士制度の普及および、会員の発展を目的に設立されました

電通大技術士会は、会員相互の交流を図り、母校である電気通信大学の発展と技術士制度の普及および、会員の発展を目的に、平成25年11月22日に設立されました。
 本ホームぺージは、本会の活動紹介と会員相互の情報交換の場を提供することを目的としています。
本会の会員は、電気通信大学に在籍または卒業した技術士、技術士補および技術で社会貢献を目指している者、ならびに電気通信大学に在籍し本会の活動に賛同する者により構成されています。

NEWS

2018年4月24日
H29年度二次大学別合格者(10名以上)を記載しました。
電通大は合格者15名で70番目です。
H29年度二次大学別合格者(10名以上)を合格率順に記載しました。
電通大は8番目です。東大、京大、東工大と続いています。
2018年4月21日
活動の記録を更新しました。
2018年1月19日
H29年度一次試験 在学者 部門別 大学別 合格者数を記載しました。
大技連議事録も掲載しました。(会員限定コーナ)。
2017年9月8日
会員限定コーナにブロードバンド通信プレゼン資料を掲載しました。
会員限定コーナの幹事会議事録を更新しました。
2018年4月1日
会員限定コーナの会員名簿を更新しました。
2017年7月16日
電通大技術士会 第4回総会が開催されました。
2017年6月5日
会員キャリアを更新しました

新着情報

篠原 力 (電通大技術士会 幹事)
 先日OER気楽な会総会・講演会・コンサート・懇親会のご案内を配信しました。
参加、不参加のご回答は4月15日と希望としていました。現在24名の方々からご出席の回答を
寄せていただきましが、まだ未回答の方々も多くいらっしゃいます。会員でまだ未回答の方々は
なるべく出欠のご返事を戴ければ幸いです。念のため、ご案内を添付します。
近年、会員の高齢化も着実に進行する一方、名簿もないので新たな新人の勧誘は困難です。
従って小田急線沿線に限定せず、広く会員募集しています。総会などに一旦ご参加くださる方々は
勿論、出席しなくても名刺交換などで、なんらか興味を示される方々は一応会員登録をさせて戴こう
と考えています。お仲間の輪を広げましょう、という思いです。あるいはご迷惑かもしれませんが、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 4月7日(土)に目黒会首都圏支部主催、毎年恒例の「母校の桜を見る会・懇親会」に参加して
きました。今回が我が電通大の100年前の前身「無線電信講習所」の目黒の跡地や目黒川の桜
などの探索が主旨のイベントでした。ただし、私は当日、気楽な会幹事会のため、跡地探索はかない
ませんでしたが、懇親会のみの参加となりました。跡地の散策は残念でしたが、その記念すべき、
跡地における参加者の集合写真が下記です。
現在は「目黒合同庁舎」という表札が見えます。
しかし、電通大の前身、「無線電信講習所」の跡地といった看板はどこにも見えず残念!
勿論、目黒区ゆかりの「目黒会」の看板もありませんが、これは大変寂しいことですね。
100周年を記念して、何らかの「記念碑」を建立する運動として目黒区にお願いしてはいかがでしょう。
「日本の無線技術を推進した無線電信講習所から発展した電気通信大学」
創立100周年記念の碑を跡地に建立しよう!
うまいスローガンはみつかりませんが、電通大も目黒会も頑張れ!
母校の桜を見る会のイベント全体についての首都圏総支部の西野さんのレポートを添付します。
目黒雅叙園とか庭園美術館や庭園を見学したようです。
最後は懇親会でしたが、MASH弦楽団という若者4人の楽団のコンサートがあり、おおいに
盛り上がって、楽しい懇親会になりました。1名のかわいい女の子のバイオリニストの演奏テクニックに
魅了され、参加者のほとんど全員がCDを買っていました。私も買いましたが、その際、握手を
してもらいましたので、1000円は安かった!演奏はユーチューブでも視聴できますよ。
 さて、気楽な会で最も積極的に活動している「散歩の会」ですが、総会では矢部さんが出席して
下さり、資料も配布してくださることになりました。例年まとめ役だった手塚さんは心臓の不正脈で
休会中で、今回総会も欠席ですが、最近病状は安定し、町会等の地域の面倒をみておられます。
 最後に電通大のHPに福田学長の所信表明のご挨拶が載っていますので、ご覧ください。
新たな世帯を切り拓け 
社会にひらかれた大学づくりでイノベーションを起していく
http://www.uec.ac.jp/research/activity/uec-research/
共同研究施設「UECアライアンスセンター」は満室の29社が参画し、研究開発を進めていること、
「D.C.&I.戦略」(DはDiversity、CはCommunication、IはInnovation)を掲げ、強いAIを中心とした
イノベーション追求していくようです。
 我々OBもなんとか協力したいものです。たとえば、同窓会にシルバー人材センターを構築し、
適切な人材を提供できるようにしてなんらか協力できないものか、とか
OBや調布市民に呼びかけて、毎月1000円程度を基金に寄付するサポーター運動を起すとか、
(この場合、サポーター会員に何か有効なメリットがあるような特典を提供できるとよい)
遺産の一部を電通大に寄付する運動を起すとか(コレクションのようなものでもありか?)
電通大の空き資産の一部を有償で貸し出すとか・・・


バナースペース

電気通信大学技術士会

〒182-8585
東京都調布市調布ヶ丘1-5-1 
目黒会内

TEL 042-482-3845
Email:infoΣuece.jp
(巡回ロボによるメール採取防止のため、Σを@に替えて 送信してください)

最終更新2018-4-24